動物対話(アニマルコミュニケーション)

こみやちかの動物対話へのスタンス

 

動物対話は特別なもの、霊的なものでもなく、

 

「動物対話はごく普通に日常にありふれたコミュニケーションの手段である。」といったスタンスで動物対話をしています。

 

動物対話は、第五・六感を用いるテレパシーの方法だけでなく、動作や表情からペットちゃんの気持ちを汲み取ることも立派な動物対話です。

 

 

1.  動作と表情から汲み取る動物対話

例えば、ペットさんの行動、表情、鳴き方から

 

・「きっとお腹が空いんただろう」

・「遊びすぎて疲れたんだね」

・「この人のことあまり好きじゃなさそうだな」

 

など普段からペットさんの気持ちを感じとっていると思います。

それで十分に動物対話として成り立っているのです。

 

ただ、だいたいは当たっていることが多いにも関わらず、共通言語がないだけに「本当はこうじゃないか。。。」「実際はどうなんだろう。。。」と 確信を持てずに、「わからない」となることが多いのです。

 

もっと、彼・彼女たちを観察し、こうかな?を試してみてください。

 

 

2.  直感・第六感を用いる動物対話 

直感や第六感というのは、言語を使用せずとも、ふっと湧いてくる感覚を感知したりする能力のことです。生まれた時から人はみんな持っている能力なのですが、普段は考えたり、言語を使用する能力が勝っているため、潜在意識の中に眠ってしまっているのです。

 

ただ意識をしていないだけで、普段直感や第六感を使っている時があると思います。

 

例えば、

・「飼っている犬が何か吠えてきた時、これを伝えたいのかなと理解できたこと」

・「ある人のことを考えていたらその人から連絡が来たこと」

・「会った瞬間に、この人になぜか嫌悪感を抱くこと」などです。

 

動物と対話ができるよう、練習を積み重ねて直感、第六感を研ぎ澄ませていったに過ぎないのです。

 

こみやちかが動物対話でできること

1.  ペットさんと飼い主さんがよりよい関係を築くサポート

「飼い主さんがこうしして欲しいのだけど、ペットさんが言うことを聞いてくれない。」

あるいは、「ペットさんの思いが飼い主さんに伝わらない。」

 

など、意思の疎通が図れずにお互いにとって良くない状態が引き起こされることがあります。

 

問題とは言わなくても、

・「ペットさんの気持ちを確かめたい。」

・「正確に気持ちを把握してもっと関係性を深めたい」

・「本当はどう思っているのか、深く気持ちを知りたい」

 

などの思いも、ペットさんと飼い主さんがよりよい関係で生活するために、動物対話は必要な手段なのではと行き着きます。

 

動物対話士として飼い主さんとペットさんの間に立ち、それぞれの思いをくみとりながら、双方が歩み寄れる方法やこれからのヒントになるようサポートさせていただきます。

 

 

2. お空へ旅立ったペットさんとの会話

第六感を使い、お空へ旅立ったペットさんとも会話ができます。

 

亡くなってしまったペットさん、残された飼い主さんの思いや、伝えきれなかったことなど様々な気持ちをお伝します。

 

ただ飼い主さんの「後悔のみ」や「まだ気持ちの整理ができていない」などの場合はセッションをしても亡くなったペットさんの気持ちが素直に入ってこないことや、何も進まない、何も得られない事もあります。

詳しくはお問い合わせください。

 

 

3. 心と体、食事の面からケア・アドバイス

対話中、ペットさんから心に不安を感じる、そわそわしている、リラックスできていないなど感じる場合があります。

 

そんな時には、「ホリスティック」と呼ばれる、心身両面から対処する知識と技術を使ってケア・アドバイスをすることも可能です。

 

具体的には、

・ツボマッサージ

・アロマテラピー

・お灸

・ストレスケア

・バッチフラワーレメディ

・栄養学

 

※ こちらのサービスは必要に応じてさせていただきます。追加料金が発生することはありません。

ご提供セッションメニュー(動物対話の方法)

1.対面セッション

 

 

※飼い主様のご自宅またはカフェなどに伺います

飼い主さんとペットさん(ペットさんが同伴できない場合はお写真で)

動物対話士®といわば三者面談になります。同伴の場合リアルタイムでペットさんの表情や

しぐさを感じ取れるので解決の糸口もみつかりやすくなり

飼い主さんもそれを直接みることによってより絆も深まります

 
2.遠隔セッション  

 

お電話、またはスカイプで行います。遠方の方でもオンタイムでたくさんの踏み込んだ質問ができるます。移動がないので人見知りや興奮しがちなペットさんには適しています。ただ細かい表情の変化や動作などその場でお伝えできな店もあります。

 

※遠隔と対面においてセッションに質の違いが出ることはありません。

動物対話は遠隔・対面であってもペットさんの「魂」と対話することにおいては同じだからです。

 

 

 

セッション料金・時間

対面セッション

 

12000円/1時間

リピート・・・10000円/1時間

 

(エンジェルさん・迷子さんも同様の料金体系です。)

 

※往復の交通費・カフェなどの飲食代はご実費負担をお願いしています。

 

※京阪電車淀駅を基点とし

移動時間が往復4時間を超える場合は別途出張料をお願いしています。

詳しくはお問合せください。

 

 遠隔セッション

 

12000円/1時間

リピート・・・10000円/1時間

(エンジェルさん迷子さんも同様の料金体系です。)

 

 

※お電話またはスカイプどちらの場合も通話料がかかることはございません。 

 

セッション可能時間

 

10時から18時終了まで

 

 ※それ以前(8時から10時)それ以降(18時から22時)は

 別途時間外料金が発生します。

 

 

キャンセルポリシー

 

1週間まえから以下のキャンセル料が発生しますのでご注意ください。

 

当日の7日前まで・・・・・・お振込み額-振込手数料をご返金

当日の6日前から4日前・・・お振込み額75%-振込手数料をご返金

当日の3日前から前日・・・・お振込み額50%-振込手数料ご返金

当日・・・・・・・・・・・・ご返金はありません

 

遠隔・対面・セッションの違い

 遠隔セッション

       

  対面セッション

 

 

・人見知りや興奮クセの

   ある子には適している。

 

・交通費や飲食代が節約

   できる。

 

・遠方の方でもセッション

   を受けられる。

 

・オンタイムでたくさんの

   質問ができる。

       

 

※ ペットさん同伴の場合

 

・表情、動作などから気持ちを    読み取れる。

 

・実際の動物対話をリアル

   タイムで経験できる。

 

・その場その場で変化を感じ

   とりやすい

 

・ヒーリングの必要性の有無

   なども感じとりやすくなる。

 

・顔合わせの安心感の中、

   たくさんの質問がしやすい。

 

よくある質問

Q:多頭飼いですが一度に何頭までお願いできますか?

A:ご予約は時間単位になりますので、1時間で何頭かとお話しさせていただくのは可能です。

  ただ物理的に1頭ずつお話しする時間は少なくなります。

  しっかりお話しさせていただくのであれば

  頭数×時間分のご予約をお勧めしています。

 

Q:友達とかも一緒に受けたいのですが・・・

A:伝達によって受け取り方が変わったり間違いのないように

  それぞれご本人からのご予約をお願いしています。

 

Q:セッションに友達も一緒に同席したいのですが・・・

A:セッションはプライベートな繊細な内容も多く出てくる可能性もあります。

 ペットさんもご家族以外の方が同席されると口をつぐんだり

 飼い主さんもペットさんも本音を話せないような環境になります。

 親しいご友人でも家族以外の同席はお断りしています。

 

 

Q: 遠隔セッションの場合の写真はどんな写真がいいですか?

A:パソコンの画面からはみ出ない大きさでなるべく直近のカメラ目線のもの、

 全身が映っているものを最低2枚お願いしています。詳しくはお問合せください。

 

 

Q:亡くなった子はいつからセッションが可能ですか?

A:基本的にはいつからでも可能です。ただ飼い主さんがあれもこれもしてあげたかったとか

 後悔のみではなくなったペットさんの気持ちが素直に入ってこないことや

 まだ気持ちの整理ができていない場合はセッションをしても何も進まない、何も得られない場合も

 ありますので、一度ご相談ください。

 

 

Q:セッションは録音してもいいですか?

A:セッションは非常に個人的な内容も含みますので

 外部に(インターネットを含)流さないプライベートで聞くためだけ録音は可能です。

 ただし機材などはご自身でご用意ください。

 音声のみで録画不可とさせていただいています。

 

申込み時の注意点

 

申し込む前に一度、下記に目をお通しください。

 

  写真について

以下の条件を満たしたペットさんの写真を添付・ご持参お願いいたします。

 

・なるべく直近のもの

・カメラ目線に近い

・全身が写っている

  申し込み者について

お申し込みされる方は、必ずペットさんの飼い主さんご本人に限ります。 

 

飼い主さんご本人でないと、ペットさんから間違った情報が伝えられてしまう可能性があるためです。

 

人だって、誰かを介して伝えてもらう時、違う解釈で伝わってしまうことがありますよね。

本人でない、誰かに伝える時にも違う感情になって本当の思いや熱量が届かないなんて経験もあったりするのではないでしょうか。ペットさんもそれは同じなのです。

 

できるだけペットさんの意思を正確にお伝えするためにも、飼い主さんご本人からのお申し込みをお願いいたします。下の条件を満たしたペットさんの写真を添付・ご持参お願いいたします。

  同席について

同席はご家族のみ可能です。

 

親しいご友人でもご家族以外の同席はお断りしています。セッションはプライベートで繊細な内容も多くでてくる可能性が出てきます。また、ペットさんもご家族以外の方が同席されると口をつぐんだり飼い主さんもペットさんも本音を話せないような環境になる恐れもあります。ご理解いただけますよう、お願いいたします。下の条件を満たしたペットさんの写真を添付・ご持参お願いいたします。

  病気や体調に関わる不安事について

わが子だから今の体調・病気のことはとても気になる事だと思います。

 

ただ、病気に関わることや医学的な内容などの質問がありましても、お応えすることは出来ません。

 

「動物対話士はペットさんの声や気持ちをお届けするお仕事」です。

 ペットちゃんから伝わってくる今の状態などはお伝えできますが病気や投薬などに関しては素人です。気になることは早めに専門家である獣医さんにご相談ください。何事も餅屋は餅屋です。

 

  問題行動について

色々な問題行動に悩んでおられる方も多いと思います。

1回のセッションで解決することもありますが、1回では解決が困難な場合も多々あります。

 

ペットさんも飼い主さんも色々受け入れるのが難しかったり、なにかを根気強く実践してもらういつつ、原因を取り除くことも必要になってきます。1回目のセッションでは今の状態をペットさんから聞くだけになる場合もあります。

 

セッションを受けるにあたって、動物対話ですぐに解決する!などと言った即効性のある手段ではないことをご理解くださいませ。 

 

  行方不明(迷子さん)のセッションについて

迷子さんについては以下のことをご了承いただける場合のみ、対面または電話スカイプセッションにてお受けいたします。(メールセッションはお申込みいただけません。)

 

1. 迷子捜索というより迷子になってしまったペットさんの気持ちや状況などを聴くセッションになること

 

2. 場所の特定はできないこと

 

(ペットさんは固有名詞や○○町何丁目にいるといったことを言えないため)

 

ペットさんが見ている風景などはお伝えできますが、ペットさんがじっとしていることは少なく場所の特定は難しいと考えています。

 

3. 最悪亡くなっている場合や絶対帰りたくないと言った場合の心の準備ができること

 

帰りたくないと言った場合なぜ帰りたくないのかということを聞くセッションになります。

お申込み

遠隔・対面セッションをご希望の方へ

 

カレンダーから予約可能日を確認後、お申し込みをお願いいたします。

・申し込み時から10日以降をご指定ください。

 

・お申し込みから48時間以内でご返信いたします。

・こちらの都合で返信できない場合はHPやブログで告知いたします。

 

※ 48時間以内に返信がない、あるいはHPやブログに告知されない場合は、迷惑メールに振り分け、着信拒否などの場合がありますのでメールの設定をご確認の上、お手数ですがもう一度ご連絡お願いいたします。

 

メニュー一覧

レイキヒーリング


動物対話基礎講座

手作り食講座